CONTENTS
カリキュラム | 受講スタイルのご案内 | 認定グッズ | 受験資格 |

多種多様なチーズの知識・提供販売法が理解出来るカリキュラム!
お酒のおつまみとして、料理の材料や調味料として高い水準で消費を伸ばすチーズ。一重にチーズと言ってもその種類の豊富さは勿論のこと、さまざまな調理法や食材との相性、酒類との相性を極めればもっと美味しい楽しい提案ができるはずです。 注目が集まる今だからこそチーズを極めてビジネスチャンスを掴んでみては?

合格者の声

もてなしの空間を作り提供するためのツールです
馬場 みゆきさん【料飲店】認定No.000324
将来的にお店を持つことが夢であり、イタリアンで働いていた頃、チーズの資格【チーズコーディネーター】を取得しようと考えました。実際にカジュアルで美味しいワインをメインとするお店を営むようになり、タイプ別にチーズを揃えるなど勉強した内容が役立っています。また、この資格を取得することによってお客様に美味しいチーズをもっと手軽に食べて頂きたいと思うようになり、ワイン同様チーズも日本の食文化において身近に感じて頂ける様、日々取り組んでおります。

チーズコーディネーターで身につける力
1)チーズやチーズを取り巻く基礎知識力

製法や産地そしてAOCなどの法律上さまざまな分類ができるチーズ。製法やチーズを取り巻く法律などの基礎知識を学びます。

2)チーズのテイスティング力
原料乳の違いやその製法で多種多様の味わいを見せるチーズ。チーズの味わいと特徴を捉え提案してこそプロ!さまざまなチーズの味わいを的確に捉える、お酒や食材との相性を学びます。

3)チーズのサービス力
急激なチーズの消費量の伸びから、日本ではチーズのサービスに関するノウハウの体系化が追いついていないのが現状。チーズの魅力を捕らえTPOにあわせたチーズの提供方法を学びサービス力を身につけなければなりません。


カリキュラム 【全資格共通】

新訂 もてなしの基
真のプロフェッショナルが持つべき7つの能力や知識・技能
食品・飲料の基礎知識
食品・飲料の語源 各商品の効果的な分類方法と商品特性 発酵/食品・飲料の保存管理
食品・飲料の文化
食品・飲料の歴史 世界各国の食文化 接客サービスと日本文化
テイスティング
マネジメント
飲食、サービス業の価値を高めるために セールスプロモ−ションの基本


【チーズコーディネーター】
チーズコーディネーターが学習すべきこと
チーズ学習の要点、チーズについて
チーズの文化史
起源と歴史、生産・消費動向について
チーズの原料と製法
チーズの原料、チーズの製造、プロセスチーズについて
主要国・地域の法規、制度と代表的なチーズ
日本の法規、主要国・地域におけるチーズの品質管理・保証に関する制度、主要国のチーズの背景と代表的なチーズについて
チーズのテイスティング
購入時のテイスティング、サービス・セールス時のテイスティング、具体的なテイスティングの手法
飲料とチーズの組合せ方法の提案
醸造酒・蒸留酒・混成酒(リキュール)との相性、ノンアルコール類との相性について
チーズのサービス、プロモーション
チーズの管理、カット方法と専用道具、提供方法の基本について


【使用テキスト】
新訂もてなしの基(A4/オールカラー/200頁)2019.4.1 初版
チーズの基(A4/中面1色/156頁)H27.4.1 第4版


受講スタイルのご案内

通信プログラム
時間や場所を選ばず資格取得。

認定グッズ

※2022年4月1日認定より、認定団体が「NPO法人FBO」となります
合格後には認定証書・認定章に加え、食品、飲料の総合的な知識を持った「料飲サービス検定」合格証書を発行します。 また、認定番号入り「デジタル会員証」の他、「資格ステッカー」を付与しております。

(その他会員特典)
・FBOホームページ「有資格者」登録
・認定会員割引 →FBO主催のセミナーなどが50%offで受講できます
・ブラッシュアップ受講 →「会場受講」「WEB受講」のスタイルがあり、認定講習会を聴講することが出来ます。
・メールマガジンの配信 →お得なセミナー情報や酒類情報が得られます


 受験資格
お申込時に満20歳以上の方。 記載内容全てに承諾いただいた方。